費用報酬

当事務所の一般的な弁護士費用を記載しております。
法律相談の結果、依頼を受ける場合は法律相談料についてはいただかないことがあります。
依頼を受ける場合でも、交通事故において弁護士特約を利用する場合は弁護士費用の負担はございません。また、資力のない方で、民事法律扶助のご利用される方は、法テラスが決定する弁護士費用の額をご負担いただくことになる等、例外がございます。

法律相談

◎当事務所では,依頼いただいた方が安心して相談できるよう初回の法律相談料は無料とさせていただいております。お気軽に,電話にて予約をお取りください。弁護士による電話での簡単な事情確認の上,予約日時を決めさせていただきます(なお,事情確認の上,相談をお受けできないケースもありますので,ご了承ください)。

    

個人の方へ

当事務所では,個人様の法律問題にまつわる遺産分割,離婚問題,交通事故,自己破産・個人再生の問題に幅広く対応しております。当事務所では,顧客の方のお話に耳を傾け,安心して相談できることを大切にしております。お悩みの法律問題については,早期の相談により,より良い解決を図ることが可能になります。まずは気軽に相談して,問題解決に向けて一歩踏み出してください。

 

企業の担当者様へ

当事務所の代表弁護士は,長年企業法務に携わってきた経験を生かし,企業様の契約問題,M&A,事業承継,企業再生,債権回収,法的整理等の問題に幅広く対応しております。
法的リスクは事前に相談することで大きく減らせることが可能です。簡単な相談だけでリスクを減らせたのに,これを省いたため大問題に至ったということは企業規模に拘わらず多くあります。
中小企業様で法務部門がなく法的問題にお困りのケース,経営者の方で事業展開に悩んでおられる方がおられましたら,安心のためにまずは早期にご相談ください。

弁護士報酬には、着手金・報酬金・実費等があります。

着手金 事件の依頼を受けたときにいただく費用です。
報酬金 依頼を受けた事件の処理に成功したときにいただく費用です。
※金額については、ご依頼頂く事件の内容により異なります。
詳しくは、弁護士に御相談ください。
実費 交通費、通信費、裁判所に支払う手数料等、事件を処理する上で支出しなければならない費用です。

※弁護士費用は分割払いにも柔軟に対応します!
※価格はすべて税抜き表示になります。別途消費税が必要となります。

一般的な民事事件の基準

(※別途消費税が必要となります)

経済的利益の額 着手金 報酬金
300万円以下の場合 8% 16%
300万円を超え
3000万円以下の場合
5%+9万円 10%+18万円
3000万円を超え
3億円以下の場合
3%+69万円 6%+138万円
3000万円を超え
3億円以上の場合
2%+369万円 4%+738万円
着手金についてのご注意点
  • ※着手金の最低額は10万円となります。
  • ※事件の内容により30%の範囲内で増減額することがあります。
報酬金についてのご注意点
  • ※事件の内容により30%の範囲内で増減額することがあります。

借金問題

自己破産の場合

特に事業を営んでいないかた 着手金 25万円より
事業経営者の方 着手金 40万円より

※必要な費用は着手金のみ

個人再生の場合

  • 着手金 35万円より

※必要な費用は着手金のみ

任意整理の場合

  • 着手金 債権者1社(1名)につき2万円
    ※事案に応じて増額・減額することがあります。
  • 報酬金 経済的利益(減額分)の10%
    ただし、過払金の返還を受けた場合には返還された金額の20%
    ※事件の処理について裁判上の手続きを要したときは、別途相当の報酬金が加算されます。

法人の場合の破産

  • 着手金 50万円より

法人の場合の民事再生

  • 事案によって相談させて頂きます

離婚

※離婚に伴う財産的給付がある場合、別途加算になります。

  • 着手金 30万円より
  • 報酬金 30万円より

遺言書作成

定型のもの 手数料 10万円
非定型のもの 遺言内容及び遺言財産により相談させていただきます。

成年後見申立

  • 手数料 10万円

顧問料

  • 会社・事業者 月額3万円以上

このページの先頭へ