弁護士紹介

代表弁護士 佐藤 竜一

プロシード法律事務所の代表弁護士佐藤竜一と申します。
私は、元々地方公務員として約9年間働いておりましたが、公務員を辞めてから弁護士を目指しました。
弁護士になって後約7年半の間、大手弁護士事務所で、企業法務や個人の顧客など幅広い事件を担当させていただき、平成24年4月に当事務所を開設しました。
事務所を立ち上げた理由は、誰でもが相談しやすい事務所にしたいという思いからです。
弁護士の数が増えたとはいえ、弁護士がすぐに相談でき、安心を与えてくれる存在とはまだまだ言えないように感じていました。少しでも敷居を低くして、法的紛争が大きくならないうちに相談いただき、早期段階で解決を図れたらというのが、一番の願いです。

これまで、法人・個人を問わず多くの依頼者の方の相談をいただき、訴訟、交渉等様々な事件に対処して参りました。事件が終了した時に、依頼者の方々から我々に依頼して良かったと言っていただけることも多く、そのような時が、最もやりがいを感じることができる瞬間だと考えております。

また、事件が終了した依頼者の方から、別の相談者を紹介いただくことも多く、そのようなご縁を大切にして、事務所として歩んでおります。
当事務所は、他士業の方とも連携をしています。税理士、司法書士、社会保険労務士、行政書士、不動産鑑定士、土地家屋調査士など各士業の方と定期的に交流会を行っており、事件対応についても必要に応じて連携をさせていただいております。したがって、当事務所に依頼いただければ、我々が信頼できる他の士業の方もご紹介でき、ワンストップにて事件を解決することができます。
最後になりますが、事務所名の「プロシード」には、少し止まった後に前進するという意味があります。企業も人も時に立ち止らざるを得ない時がありますが、一歩前に進むお手伝いがしたいと思っております。
いつでも、ご相談だくさい。

経歴

  • 大阪府大阪市生まれ
  • 昭和61年 大阪府住吉高等学校卒業
  • 平成2年 神戸大学法学部卒業
  • 平成3年 大阪府庁入庁
  • 平成12年 大阪府庁退職
  • 平成14年 司法試験合格
  • 平成16年 司法修習終了(57期)
    弁護士登録(大阪弁護士会) 弁護士法人三宅法律事務所入所
  • 平成24年 三宅法律事務所を退所しプロシード法律事務所開設

 

 

客員弁護士 岩本 章吾

私は、通商産業省(現経済産業省)に約25年勤務したのち、大阪工業大学の教授に転じ17年余が経過しました(現在も同大学の特任教授を務めています)。元公務員として、多数の行政法規の立案・解釈・運用や行政訴訟等に係る仕事の経験を有しております。その間、公正取引委員会に2年間出向したことがあり、独占禁止法の解釈・運用に携わりました。大学に転じてからは、行政法、独占禁止法を専攻しつつ、併せて、憲法、民法、会社法、労働法等についても講義やゼミナールを担当してきました。
プロシード法律事務所は、企業法務、労働事件、家事事件、交通事故など幅広い分野で仕事をしています。私も、この事務所の一員として、これら広範多様な法律問題に関わりたいと思います。特に、公務員の経験や行政法の知識をもとに、同じく公務員の経験を持つ代表の佐藤弁護士を補佐して、国・地方公共団体の顧問等を務めることなどにより、複雑困難化する行政事件の処理を担当することを重点の一つとしていくことを願っております。
「プロシード」の語が示すように、難問に遭遇しても一旦立ち止まってよく考え、お客様にとってベストの解を見出して、お客様と手を携えつつ再び前進していきたいと考えます。
 どうか、各種の御相談、御依頼をお寄せいただくようお待ちしております。

経歴

  • 和歌山県和歌山市生まれ
  • 昭和48年 和歌山県立桐蔭高等学校卒業
  • 昭和53年 東京大学法学部卒業
    通商産業省(現経済産業省)入省
  • 平成6年 司法試験合格
  • 平成15年 大阪工業大学知的財産学部教授に就任
  • 平成30年 法務大臣から弁護士法第5条に基づく弁護士資格の認定
  • 令和2年 弁護士登録(大阪弁護士会)
    プロシード法律事務所入所

主要著書

  • 『行政法講義』(成文堂、初版平成21年、第2版平成29年)
  • 『独占禁止法精義』(悠々社、平成25年)

 

 


パートナー弁護士 平田 智仁

弁護士の平田智仁と申します。
 2020年7月より、新たにプロシード法律事務所にパートナーとして参画させていただくことになりました。
 私は、2009年の弁護士登録以来、約10年半にわたり河本・三浦・平田法律事務所において執務してまいりました。この間、一般民事事件はもとより、特に、会社法と金融商品取引法に関する案件を中心に扱ってまいりました。とりわけ、「会社の内部紛争」(役員間や株主間の紛争)といった会社訴訟案件、また、「証券会社の法務対応」といった分野を重点的に取り扱ってまいりましたので、引き続き注力していきたいと考えております。
 また、これまで「少年事件」を多く担当しており、今後も、弁護人・付添人活動を通じて少年の更生に助力できればと考えております。
 プロシード法律事務所では、企業法務、労働事件、離婚、相続、交通事故など、幅広い分野を取り扱っておりますが、それに加えて、行政法や独占禁止法、会社法・金融商品取引法といった分野を積極的に取り扱う独自性が強みであると思っております。今後も、当事務所の独自性を補強し、クライアントの皆様に対し良質なサービスを提供できるよう力を尽くします。

経歴

  • 京都府宇治市生まれ
  • 平成20年 立命館大学法科大学院 修了
    司法試験合格
  • 平成21年 司法修習 修了
    河本・三浦法律事務所にて勤務開始
  • 平成28年 同事務所 パートナー就任
  • 令和2年 プロシード法律事務所へ参画

主な役職

  • 芦屋市 住環境紛争調停委員
  • 芦屋市 都市景観審議会委員

 

 

所属弁護士 川﨑 悠貴

平成28年12月に司法修習を終え、この度プロシード法律事務所に入所いたしました。私は、大阪で生まれ育ち(あまりそう見えないそうなのですが)、念願叶ってこの大阪にて弁護士としての第一歩を踏み出すことができました。

私は、間接的にではありますが、過去に自分自身が弁護士の方に助けていただいた経験があり、弁護士を志しました。私も、弁護士として、人の人生に寄り添い、その方が自分の力で少しずつでも前に踏み出せるお手伝いができればと思っております。

誠心誠意サポート致しますので、お気軽にご相談ください。

経歴

  • 大阪府生まれ
  • 平成19年 大阪教育大学附属高等学校平野校舎卒業
  • 平成25年 京都大学法学部卒業
  • 平成27年 同志社大学法科大学院修了
    司法試験合格
  • 平成28年 司法修習修了(第69期)
  • 平成29年 弁護士登録(大阪弁護士会)
    プロシード法律事務所入所

 

このページの先頭へ